ものづくり日本会議

2018年受賞部品

奨励賞

JTEKT-SignalHop

株式会社ジェイテクト

製品概要

 工作機械に設置された表示灯を活用し、手軽に稼働状況の見える化を実現できる製品だ。ジェイテクトはIoT(モノのインターネット)ではなく、ヒトの動作も収集・分析し全てのものがインターネットにつながるIoEを提唱しており、その入門機と言える。
表示灯の上部に送信機を取り付け、3色の点灯状態を受信機に送ることで、工作機械の累積稼働時間や、異常の発生回数と累積時間をパソコン上で確認できる。どのメーカーの表示灯にも後付けできるため、費用と手間を抑えて導入できる。受信機1台で、最大50台の送信機を接続できる。送信機は乾電池で動作し、受信機へは無線で自動転送するため、電源や通信の配線作業が不要なのも利点だ。

Voice
工作機械・メカトロ事業本部 ラインコントロール技術部部長 山口 泰一氏

 この度は超モノづくり部品大賞の奨励賞をいただき、誠に光栄です。お客さまの困りごと解決のため、単なるIoTではなく、人やサービスなどの「コト」も含めてつなげる「IoE」を推奨し、「人が主役のスマートファクトリー」をテーマにしてきました。
「JTEKT―SignalHop」は、「見える化ソリューション」の一つです。既存設備のシグナルタワーに置くだけで、状態ランプの光を読み取って稼働情報を受信機に送信して記録します。

 受賞を励みに、真の総合生産ラインビルダーの知見を生かし、困りごとを解決します。

高圧ウォータースイングノズル

有限会社ガリュー

製品概要

 水圧のみでノズルが左右にしなやかに首振り運動するノズル。広範囲で母材を傷めずに洗浄できる。道路洗浄をはじめ、対象分野は広い。高圧ポンプや高圧洗浄機にワンタッチで装着して簡単に使用できる。
噴射の反作用をトグル機構に応用し、単一ノズルが毎秒約10回、左右に高速で首振り運動し、広角に噴射する。製品チューブ部分に4―8メガパスカルの圧力がかかるため、ノズルには異なる材料を使用。四重構造にして破裂防止を施した。短時間で作業でき、作業効率の向上に役立つ。電気・水道料金や人件費の削減も可能にしている。今後の可能性として、製鉄ラインの温度コントロールのほか、貝類の出荷前洗浄など漁業分野への応用も見込まれている。

Voice
社長 長谷川 可賀氏

 賞をいただき、ありがとうございます。並みいる大企業の中で、受賞した事実は「中小企業の可能性は広がっている」と実力を証明できたと感じている次第です。当社は顧客、メーカー、商社にとって良い影響をもたらせるように経営を意識して参りました。
当社の製品開発体制は「時代に逆行しないこと」を重視しています。生産性向上、省エネ、人体や環境への影響などに留意しながら、ユーザーの求めるものを常に提供できるように努めております。今回の受賞を追い風に、さらなる事業成長と展開につなげていきます。

キャリアブルエアサプライユニット

CKD株式会社

製品概要

 CKDのキャリアブルエアサプライユニット「ASU―S」は気軽にどこにでも持ち運べる圧縮空気供給装置。静音コンプレッサーとエア調質機能の部品一式をキャリーバッグ内に一体化した。幅350ミリ×奥行き225ミリ×高さ560ミリメートルで重さ15キログラムと小型で軽量。空気圧縮機器によるイベント会場や会議室での実演、研究室での実験などが固定のエア源なしに行える。圧縮エアの定格圧力は0.4メガパスカル。
 遠心分離とフィルターにより清浄なエアを50ヘルツ電源で毎分19リットル、60ヘルツで同25リットル、長時間供給できる。ポンプにより温度が上がった圧縮空気を冷却するクーラーも内蔵。ポンプ周囲の排熱性も高め、長時間の使用でも温度上昇を抑えられる。

Voice
社長 梶本 一典氏

 奨励賞を頂戴し光栄に存じます。エアサプライユニット「ASU」は2016年に発売し、「いろいろなところで圧縮空気を使用したい」という声に応えた商品で、多くのお客さまにご愛用頂いております。新開発の「ASU-S」は「圧縮空気を持ち歩く!」をコンセプトといたしました。産業機械などの従来の使用環境以外でも、さまざまな場所に持ち運んで、気軽にクリーンな空気圧エネルギーをご使用いただけることを期待しています。

 今回の受賞を励みに、今後も「自動化で未来を拓く」製品の開発を通じて、豊かな社会づくりに貢献してまいります。

曲げられるリジット基板「unrigid」

株式会社メイコーテクノ

製品概要

 電子機器に電子部品を実装するプリント配線基板の多くは、固くて曲げられない「リジット配線基板」が採用される。メイコーテクノの「unrigid(アンリジット)」は昨今のデザイン性の要望に応えられるように、独特なスリット形状をリジット配線基板に入れることで、配線が多い場合でも曲げられることが大きな特徴。
 デザイン性を重視した湾曲したフォームへの配線基板のニーズにも対応できるメリットに加えて、量産信頼性の高い基板に従来のルーターを用いてスリット加工をしているので性能や品質を維持したままで生産コストを抑えることができる。現在は、IoT(モノのインターネット)向けの送受信アンテナやデザイン照明などで製品化に取り組んでいる。

Voice
代表取締役社長 名屋 俊雄氏

 弊社は電子機器に搭載されているプリント基板の設計・製造を行うメイコーのグループ会社として2015年に設立されました。スマートファクトリーに貢献するIoT、設備、基板用治具などさまざまな事業を包括的に取り組んでいます。
 新しく発足した企業としてプリント基板の新しい価値を考え、メーカーとサプライヤーの両面の観点で挑戦しています。その取り組みの一つが、このたびの受賞につながり大変光栄で励みになります。今後もスマートファクトリー化や自動化に貢献できる企業として取り組みを加速していきます。

ワイヤレス集中制御システム「セレコネクト」

文化シヤッター株式会社

製品概要

 「ワイヤレス集中制御システム『セレコネクト』」は、スマートフォンを操作して家中の窓シャッターの開閉を制御できる。半開操作によって日差しを制御できるなど窓シャッターの高さを適度に調整できる。従来の開閉操作のみから、窓シャッターの使い方を変えた。また家庭用エネルギー管理システム(HEMS)と連携することによって、エアコンなどの家電製品と一緒に窓シャッターを操作できる。シャッターの開閉状態も確認が可能。
 あらかじめ時刻や曜日、開閉操作を設定できる「おこのみタイマー」や、日の出・日の入り時刻に合わせて自動開閉できる「おひさまタイマー」機能を持つ。家中の窓シャッターを最大32台まで一斉に操作できる。

Voice
執行役員 商品開発部長 石倉 則夫氏

 このたびはとても名誉ある賞を頂き誠にありがとうございます。昨年の「セレアーキ」に続き当社では、2年連続の受賞となり非常に光栄に思っております。今回受賞させて頂いた商品は、従来の住宅向け窓シャッターに新しい価値を生み出すものです。防犯、防災用途で朝晩の開け閉めだけに使われていた窓シャッターが集中制御システム「セレコネクト」と組み合わさることで、日射遮蔽や気象警報による自動閉鎖など、さまざまな価値をお客さまに提供できます。

 来年も受賞できるように快適で安全な生活を提供できる商品を創造したいと思います。

リニソートS-C

株式会社椿本チエイン

製品概要

 椿本チエインの「リニソートS―C」は、雑貨やダイレクトメールなどの出荷先別仕分けを自動化するチルトトレー式ソーター(仕分け機)。小型で最小25平方メートルのスペースに設置できる。業界初の多段式構造で従来の1段式よりも設置面積は半分以下に抑えた。人手不足に悩むインターネット通信販売や物流などの仕分け作業を自動化でき、省人化や生産性向上に役立つ。商品バーコードを読んでトレーに投入すると、出荷先ごとに分けた間口部でトレーを傾けて商品を自動仕分け。180間口、2段タイプの仕分け能力は毎時6000個。多段式構造でユーザーの初期導入費用を従来比30%削減した。物流、食品業界に納入済みで、納入実績がなかった業界からの引き合いも増加した。

Voice
取締役専務執行役員 マテハン事業統括 春名 秀昭氏

 1917年の創業以来、機械部品からマテハンシステムまで、幅広い分野で世界中の「動く」を支えて続けてきました。受賞商品は、当社が得意とする自動仕分け機の新商品です。業界初の多段式構造により、設置スペースを従来の半分以下(最小25平方メートル)に抑えたことが特長です。人手不足が課題となっているネット通販や運輸業界で高く評価をいただいています。今秋、さらに仕分け能力向上を実現した「リニソートS―C∞(エイト)」も開発しました。

 今後も、変化する市場ニーズにタイムリーにお応えし、お客様の物流改善に貢献します。