ものづくり日本会議

審査・表彰

審査

日刊工業新聞社・NPO法人ものづくり生命文明機構の審査会が審査します。審査アドバイザー6氏には、審査にアドバイスをいただきます。

審査アドバイザー
稲崎 一郎氏 中部大学理事・名誉教授 機械・ロボット
益 一哉氏 東京工業大学 学長 電気・電子
小口 泰平氏 芝浦工業大学 名誉学長 モビリティー関連
谷口 正次氏 資源・環境ジャーナリスト 環境・資源・エネルギー関連
赤池 学氏 ユニバーサルデザイン総合研究所 所長 健康福祉・バイオ・医療機器
石田 秀輝氏 東北大学 名誉教授 生活関連

表彰

優秀部品30件程度に「部品賞」を授与し、賞金を贈呈します。

 「部品賞」の中で特に優秀と認めたものには「部品大賞」を贈ります。
選定の「部品大賞」には賞金30万円、「部品賞」には賞金10万円を贈ります。
「部品大賞」など特に優れた部品を対象に、開発企業の想いや部品の特徴を紹介する映像を制作し、贈賞式などで上映します。
贈賞式は東京都内で開催します。昨年の様子は日刊工業新聞電子版をご覧下さい。
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00500907

 

発表

選定結果は2019年10月、日刊工業新聞と日刊工業新聞電子版、モノづくり日本会議HPで発表します