ものづくり日本会議

2016年受賞部品

奨励賞

ADF-2D

オーエスジー株式会社

製品概要

「ADF-2D」は傾斜面や曲面への座ぐり加工、半割れ穴加工など、1本で多様な用途での使用が可能な超硬フラットドリル。
 先端角のついたドリルでは精度を出しにくい傾斜面や曲面に対応。曲がりや位置ずれ、拡大のない安定した加工ができ、抜けバリが問題となる加工の改善にも適している。通常のドリルでは逃げてしまう加工でも高い直進性を発揮し、下穴余裕深さの無いネジ立て加工にも対応する。

 新しいコーティングの採用で、耐摩耗性・じん性を向上させた。独自の刃底形状により、切削抵抗を低減して安定加工を実現した。

Voice
オーエスジー株式会社 社長 石川則男氏

 “超”モノづくり部品大賞の奨励賞ありがとうございます。傾斜面や円筒の側面に穴加工を行う場合、食付き性の問題から十分な穴精度を得ることができないケースがあります。貫通穴の抜けバリが発生することもあります。これらの問題を解決したのがADF-2Dです。切りくず排出性に優れた広いチップポケット、溝フォームとのバランスを考慮し且つ切れ味を高めた底刃仕様により、長寿命・工程短縮・切削抵抗の低減を実現しました。今後もさらにお客さまに喜ばれる製品を開発していきたいと思います。ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

グラスフロント型自動販売機用搬出機構「ツイストラック」

富士電機

製品概要

 外から商品が見えるグラスフロント型自動販売機用の搬出機構「ツイストラック」は、自販機の商品収容力向上に寄与する。間仕切りを必要とせずに各商品を立たせた状態で収納できる独自機構などを採用。500mlペットボトルの場合で、既存の搬出方式に比べ収容数の最大72本増を実現した。また自販機のオペレーション効率の向上、サイズ小型化にも貢献する。

 海外ではグラスフロント型自販機のニーズが高いが、商品収納力などに問題があった。課題を解決するツイストラックは、日本の自販機が海外市場を切り開くための重要部品だ。

Voice
富士電機 執行役員常務食品流通事業本部長 朝日秀彦氏

 「グラスフロント型自動販売機用搬出機構(ツイストラック)」は、日本が世界に誇る高機能・高品質な自動販売機を海外顧客に提供することを目的に開発しました。ツイストラック採用により「商品収容数の増加」「オペレート性の向上」「自販機サイズの小型化」などを実現します。

 自販機の大幅な販売性能・機能向上につながり、海外市場でのさらなる普及拡大に寄与できると考えています。受賞を大きな励みとし今後も顧客に喜んでいただけるモノづくりを進めます。

セラミックエンドミル「CERAMICラジアスエンドミル」

三菱マテリアル

製品概要

 三菱マテリアルの「CERAMICラジアスエンドミル」は、高温強度に優れたセラミックを母材に採用し、超硬エンドミルよりも高速加工を可能にした。推奨切削速度は毎分350mで、超硬エンドミルに比べ加工速度を約6倍に高めた。

 セラミック母材の課題だった欠けやすさを補うため、超強ネガのラジアルレーキや特殊ネガ刃裏形状を導入。耐欠損性を高めたほか、工具の長寿命化につなげた。切削油が不要なドライ加工に対応し、環境負荷低減に貢献。母材に超硬合金を使わないことから、希少金属の使用量もゼロに抑えた。

Voice
三菱マテリアル 社長 竹内章氏

 この度は本製品がこのような賞を受賞することができ、大変嬉しく思います。本製品の最大の特徴は難削材に分類される耐熱合金の超高能率加工にあります。従来の超硬エンドミルでは熱による工具損傷を抑制するため切削速度を低くする必要がありますが、「CERAMICエンドミル」は、耐熱性に優れるセラミック母材と特殊強ネガ刃形により、耐熱合金が強度低下を起こす温度域まで切削速度を高めて高能率加工が可能です。

ここで満足することなく、今後も更なる高能率・長寿命加工が可能となる切削工具を開発し、ユーザーの加工改善に寄与していく所存です。

ガス・水分透過率測定装置スーパーディテクトの測定配管の密閉機構と試料室の排気システム

MORESCO

製品概要

 有機デバイスの封止や食品・医薬品などの包装に使うガスバリアフィルム、封止材などへの水蒸気、その他の気体の透過率を評価する分析装置の性能を向上させるための「配管構造」と「排気システム」の開発に成功した。
これを組み込んだガス・水分透過率測定装置「スーパーディテクト」では、従来比100分の1の超微量透過気体の検出が可能となり、測定速度も20倍の速さへと飛躍的に向上した。

 これにより、バリアフィルム、食品・医薬品包装の開発効率が上がり、有機デバイスの長寿命化や食品、医薬品の消費期限延長などに貢献できる。

Voice
MORESCO 社長 赤田民生氏

 栄えある賞に名を残すことができ、大変うれしく思います。当社は「水と油と高分子のスペシャリスト」として、ニッチ領域で国際競争に勝ち、世界に存在感を示したいという思いで研究開発に取り組んできました。
 およそ13年前に開発したハードディスクの表面潤滑油に続く、世間に評価される製品の開発ができておらず、近年は今後需要が高まるフレキシブルデバイスであるフィルムに着目。水分の影響を受けやすい有機デバイスを、現存のものよりも更に高感度・高速度で測定できる装置部品の開発に成功しました。

 今後もStep by Stepで研究開発に取り組みます。

精密部品の高精度穴加工用工具「MFD」

日進工具

製品概要

 高精度穴加工用工具「MFD」は高い求心性と耐欠損性の両立を可能にした先端フラット形状のドリル。切削抵抗を低減する鋭角な刃先やチゼルエッジ部を極力薄く設計し、サイズ別の加工負荷を考慮した2種類のシンニング形状を採用した。
高精度で折れづらい穴加工が可能で、安全で安定した切削性能により自動化に対応しやすく生産性が大きく向上する。従来の先端が円すい状の小径ドリルの加工面の粗さや、ドリル先端部の振れによる穴位置精度の低下などの問題を解消。スマートフォンをはじめとした部品の小型化に対応する。

Voice
日進工具 社長 後藤弘治氏

 今回の受賞製品を評価していただき非常にうれしく思います。受賞製品は、工具の先端を凸形状ではなく、フラット形状でかつ独自に開発したシンニング形状にすることで高い求心性と耐欠損性を両立させました。これにより従来型ドリルでは加工が困難であった傾斜面や曲面などに対して、穴加工を可能にしています。

当社はモノづくりを支える工具メーカーとして、今までにない切削加工を生みだす工具を創造していきます。時代の先を行く加工技術と品質、サービスを提供することで、製造業界の発展に貢献できれば幸いです。

リニアモーター「Acc-max」

NEOMAXエンジニアリング

製品概要

 チップマウンターやワイヤボンディングなど、半導体実装装置の作動をより素早くできる駆動用リニアモーター。高速応答性と高い推力を両立させつつ、重量も従来製品比約40%削減した。特に推力立ち上がり時間が0.7msと従来品比10分の1以下に短縮。配線1本当たりの実装時間を1ms単位で削っている装置メーカーの製品開発に貢献できるという。

 これまで下側の固定部にネオジム焼結磁石を、上側の可動部にコイルを搭載していた配置を逆にし、可動部を小型軽量化。さらに下側のコイル設計の工夫により、高速応答性を実現した。

Voice
NEOMAXエンジニアリング 社長 小田切純一氏

 このたびは名誉ある賞をいただき、ありがとうございます。本製品の開発にあたり、ご支援いただいたお客さま、関係各位の皆さまに感謝申し上げます。
 本製品は日立金属の世界最高クラスの磁力を持つネオジム磁石と、長年培ってきた当社の解析技術に加え、これまでの設計の枠にとらわれない自由な発想により、高速応答と高推力を両立させた画期的なリニアモーターです。ワイヤボンディングなど半導体後工程の生産性向上に寄与すると考えています。

 このたびの受賞を励みに、引き続き社会の発展に貢献するモノづくりに取り組んで参ります。

「YaWaRaKaロボD」

三重木型製作所

製品概要

 「YaWaRaKaロボD」は安全性とデザイン性を高めるための、ロボットを覆う外装。ウレタンフォームなどの柔軟素材を切削や研磨して成形したもので、表面には塗装を重ねており、滑らかな手触りが特徴だ。各ロボットメーカーでは産業用や介護用の試作品の外装への採用が相次いでいる。
ウレタンフォームのほか、ゴム系やポリプロピレンといった素材でも調整可能。独自の技術で成形するため、加工時にありがちな剥離や硬化、割れが起きにくい。また塗装とコーティングで希望に応じた色を施すこともできる。

Voice
三重木型製作所 社長 森大介氏

 このような栄えある賞をいただき、誠にありがとうございます。産業用、介護用ロボットと関連産業は、今後大きく成長することが見込まれています。
「YaWaRaKaロボD」は、ロボットに求められる対人接触の安全性を外装面から解決する製品として開発いたしました。当社は長年、自動車の試作で床やドア、トランクボックスの中に設置する緩衝材の製造を手がけており、柔らかい素材の切削加工を得意技術としてきました。
今後も試作で培ったノウハウをさまざまなロボットの外装に生かし、社会貢献していきたいと考えています。

エクトフレックスカップリングNERシリーズ

ツバキE&M

製品概要

 椿本チエインの子会社ツバキE&Mが発売した「つばきエクトフレックスカップリングNERシリーズ」は、伝達可能トルクが同社従来品比で5割高く、取り付け時間は半減できるディスク形カップリング(軸継手)。水インフラや化学プラント向けポンプ、工場の冷却塔に加え、プレス機、自動車試験装置などでの採用も見込む。

 ディスク形カップリングはモーターの駆動軸とポンプ側などの従動軸をつなぎ、動力を伝達する機械部品。構成部品のディスク(板バネ)形状とボルト本数を最適化し、外径が同じ他社競合品比で伝達能力は約3割高い。

Voice
ツバキE&M 社長 山本哲也氏

 この度は栄えある賞をいただき、感謝と喜びの気持ちでいっぱいです。心より御礼申し上げます。
 近年、軸継手へのニーズは多様化が進み、私共は「コンパクトかつ大容量のトルク伝達」を可能にし、「取り扱い易さ」も重視して開発に取り組みました。小型化と大容量トルク伝達の両立するため、基幹部品のディスク形状最適化を実現するとともに、あらかじめディスクを組み付けた状態で出荷する独自の「センタアッセンブリ構造」で、お客さまでの組み付け工数を半減することに成功しました。

 今後も変化する市場ニーズにタイムリーにお応えすることで、お客さまのモノづくりに貢献してまいります。

CNT面状発熱体「ECO i シートヒーター」

エコホールディングス

製品概要

 ECO i シートヒーターはカーボンナノチューブ(CNT)を使用した超薄型面状発熱体。厚さ約300μmと薄く、軽量、フレキシブルで、暖房や融雪、農業などの用途を想定する。CNT発熱体の特徴である熱伝導性の高さで、昇温が早いのが特徴。100V印加時には1分弱で表面温度が60度C以上に達する。

 ポリエチレンテレフタレート(PET)などのシートにCNT発熱体と電極部の銀ペーストを印刷で製造する。発熱体と電気コードの取り付け部の接続はカシメ技術を用いることで強度と安全性を確保した。

Voice
エコホールディングス 代表取締役 藤林久士氏

 食料自給率が低いわが国において、農業の重要性は論をまちません。しかし生産者が安定した収入を確保できない限り、農業の持続可能な発展は難しいと考えます。
 当社は北海道で農業に参入、寒冷地での安定的な通年収穫の方策を検討してきました。最先端のCNTを使った面状発熱体での局所加温により、省エネで冬場の農業にも適合した生産が可能となるのではないか。この仮説のもとに実験を重ね、確信を持つに至りました。

 当社の商品がわが国の農業の発展の一助となるとすれば、望外の喜びです。

薄葉紗およびその複合品

栗田煙草苗育布製造

製品概要

 栗田煙草苗育布製造の「薄葉寒冷紗(うすようかんれいしゃ)」は、従来の寒冷紗の糸の繊度(太さ)を変えずに強度を保って薄くする「特殊カレンダー技術」で、顧客ニーズに応える。
 従来品と比べて50%以上薄い120μmにした。防水材など各種材料塗布の量を低減できるほか、表面が平滑なため、よりきれいな印刷ができる。箔の転写も可能で、今後は仏具まわりでの活用も提案していく。
 同寒冷紗は、接着剤などを使わずに、紙やフィルムなど薄手素材などと圧着できるため、不織布や障子紙などとの複合品も製造できる。

Voice
栗田煙草苗育布製造 社長 栗田昌幸氏

 栄誉ある奨励賞をいただき、光栄に存じます。弊社は農業・産業資材用の「寒冷紗」専門の織布業です。歴代の受賞は機械関係が多い中での受賞を大変嬉しく思います。

 今回評価された「薄葉寒冷紗」は、既存の機械を改良して1年前に完成させました。強度を保ち薄くすることで、従来の紗の価値観を一変させることができました。内装副資材の用途や印刷が可能であることなど活用の幅が広く用途はお客さまの自由です。また、薄葉化技術で他シート材料との複合品も製造できます。受賞を機に「薄くて強い」薄葉紗の良さを広めていく所存です。