ものづくり日本会議

2017年受賞部品

健康・バイオ・医療機器分野

DARWING SATT

ダイヤ工業

製品概要

 ダイヤ工業の「DARWING SATT(ダーウィンサット)」は、中腰姿勢や前屈運動による腰痛の不安が多い介護や物流、鉄鋼、農業、建築現場従事者向け「軽労化」サポーター。

 背中のアシスト機能と骨盤コルセット機能の両立を実現した。背中を伸ばしアシストする伸縮ゴムは、背骨を伸ばし上半身の姿勢維持をつかさどる脊柱起立筋の負担を未装着時の15%軽減。ベルトは、滑車の原理を応用した独自の技術「W(ダブル)ギア構造」により、軽い力ながら骨盤の周りをしっかり締める。骨盤部分と背中アシスト部分とのつなぎを3層に分けたため骨盤部分がずれにくい。3ステップのベルト動作で着脱することができる。

Voice
社長 松尾 正男氏

今回の賞をいただいて弾みになります。
 わが社の使命は運動器具のサポートを通じて健康寿命の延長に寄与することです。少子高齢化、人口減少社会のなか労働力が不足しています。「軽労化」に我々はお役に立てると考え、2009年に筋肉スーツ「DARWIN(ダーウィン)」を発売しました。今回の「DARWING SATT(ダーウィンサット)」はご要望に応え、簡単に〝さっと〟着脱できてチームで使えるというコンセプトで他社よりも価格を抑えた製品をつくり出しました。

 今後も“売る”よりも“お役に立つ”という発想で取り組みたいです。